« 7MHz E級アンプ QRO計画 3 | メイン | 7MHz E級アンプ QRO計画 5(100W) »

2017年5月20日 (土)

7MHz E級アンプ QRO計画4(組み込み)

<カテゴリ AM送信機(PWM方式)

バラック状態での確認作業は、トラブルだらけで、手持ちのICやFETをどんどん壊してしまいます。 そこで、ジャンクの測定器の中身を取り除き、その中に、この100W AM送信機を収納する事にしました。

Tx100_shassis

とりあえず、バックパネルにアンテナ端子、送受信アンテナ切り替えリレー回路、7MHz用7次LPFのみを取り付け、パワーアンプやドライバー回路、PLL回路、ファンなどを並べて、概要を把握したら、図面を起こし、メインシャーシやフロントパネルの加工を行います。

変調回路は、前作の50W送信機の終段D級回路を2パラから4パラに変えて実装予定です。

組み立て図が出来たら、フロントのアルミ板や、パワーアンプ部のシールド材料の寸法が判りますので、それから材料手配にはいります。

100txjw_2

 組み立て図が出来ました。 これをインクジェットプリンターで印刷して、アルミ板に張り付け、卓上丸鋸やボール盤、ジグソーを駆使して1日掛かりで組み立てたシャーシが下の写真です。

100wamtxconfig

まだ、各ユニットの配線は出来ておりませんが、主要なユニットは全てマウント完了しました。 ファイナルステージの出力側共振回路のバリコンを調整する為、ホームセンターから6φのアクリル棒を買ってきていましたが、カップリングに挿入しようとしたところ、これが挿入できません。 アクリル棒の直径をノギスで測ると6.3φでした。 やむなく、このアクリル棒をカッターナイフで削り、現物合わせでカップリングに挿入する事に。 幸い、手元に6.3φ用のツマミがありましたので、なんとかかっこうはつきました。

Power_lpf100w

4paramod

左上は、このTX用に手配したコモンモードフィルターです。 右上はFKI10531を4個パラ付した変調用D級アンプです。 あわよくは200WのAM送信機でも使えるようにとの願望も込めて組み立てています。

配線図 AMTX_100W_0.pdfをダウンロード

FET 4パラによるD級変調回路の動作確認ができましたので、いっきに全ユニットの配線を行い、完成しました。

Amtx100wcmp

ケースの外形サイズが430mm x 400mm x 96mmという事もあり、かなり」ゆったりと配置出来ました。構造的にはRFブロックをシールドで囲む事が出来るようにしていますが、これから、100W、あわよくは、200WのAM送信機を目指して、検討するとき邪魔になりますので、まだ実装しておりません。

Amtx100wfront

上の写真はフロントパネルを正面から見たところです。 PLL VFOは正常に動作しています。 変調回路やRFファイナル回路の+Bラインをカットした状態で、スイッチ回路の動作テストを行っている状態です。

PLL VFOからRF ドライバー段へ同軸ケーブルで配線した関係でミスマッチが起き、74HC74をトリガーできませんでしたので、74HC74の前に1石のバッファアンプを置きました。 このトランジスターはAB級くらいで動作していますが、後段がFFによる分周回路なので、波形は気にせず、コレクタ抵抗やベースバイアス抵抗は適当に設定して有ります。 (470とか47kが定石なのですが、手持ちのE12シリーズ抵抗が在庫なくE24シリーズを使いました)

14MHzのPLL回路は一応、RFファイナルより一番遠い所に配置し、かつシールドケースの中に収納しましたが、終段からの回り込みが無い事を祈っています。

送信機全体の回路図 AMTX_100W_1.pdfをダウンロード

14MHz PLL回路図 PLL_OSC_14MHz.pdfをダウンロード

一応、レイアウトと結線はできましたので、出力を絞りながら、仕上げにかかろうと思います。

7MHz E級アンプ QRO計画 5(100W) に続く。

INDEXに戻る