« 160m用ロングワイヤー4 | メイン | TFT LCDによるアナログメーター1 »

2015年3月 2日 (月)

160m垂直アンテナ

<カテゴリ:アンテナ>

設置可能な環境の中で、色々と160m用アンテナの実験を行いましたが、やはり、アンテナは屋根より高くないといけないようです。 そこで、前回挑戦して挫折した、7MHz用垂直ダイポールとスカイドアエレメントを利用した垂直アンテナに再トライする事にしました。

160mv5_2

前回の失敗原因は送信出力でアンテナの共振周波数が変わるとい問題でした。  この原因は、近接平行する他のバンドのエレメントとの干渉が高周波電圧で変化し、共振周波数がずれてしまうものでしたので、逆に、近接するすべてのエレメントをショートして、垂直アンテナの頂冠としてしまえば、この問題は解決しそうです。  前回、これを実行しなかったのは、160mから他のバンドへQSYするとき、アンテナワイヤーの接続替えをやらねばならず、それが面倒な事でした。  その為、実験もせずに諦めていた訳です。

ちょうど、今晩から広島WASコンテストが始まるという日の午後、急きょ、この全アンテナエレメントショートの垂直アンテナをでっち上げて、使って見る事にしました。

 

7MHz用垂直ダイポールの下側エレメントを切り離し、上部エレメントを下の方へ延長し、例の金網のところまで降ろします。 18MHz用スカイドアのエレメントは、ベランダに置かれたプリセットMTUから外し、この7MHz垂直ダイポールの上部エレメントに接続します。 さらに6m用のヘンテナもアンテナチューナーから切り離し、これも垂直ダイポールの上部エレメントに接続しました。

160mv5box

この状態でマッチングBOX内のローディングコイルは約2μHで1.910MHzに共振します。 インピーダンス変換トランスは10:6のタップですので18Ωくらいのインピーダンスになっているようです。  アンテナアナライザーで1.910KHz付近に共振周波数がある事を確認し、実際に10Wの出力でSWR最少周波数を確認してみました。1.909KHzでSWR最少1.05となっていました。60W送信してもSWRの悪化や共振周波数のずれは有りません。

一応、使用可能になりましたので、これを2015年広島WASコンテストで使ってみました。 3時間の国内コンテストですが、20局しか交信できませんでした。 昨年のコンテストでは31局と交信していました。 アンテナの形態は昨年と同じですから、多分コンディションが良くなかったのでしょう。 

下に、MMANAによる指向性データを示します。

160mv5data

既存のDPやスカイドア、ヘンテナのワイヤーを一度MTUから切り離し、これを互いにショートした上で、地面まで引き降ろすという作業はかなり面倒です。 次の日の朝、ハイバンドのコンテストが朝8時から始まりますので、雨の中、この切り替えを元に戻す作業をしましたが、かなり手こずりました。 暖かくなったら、このワイヤーの切り替えをスイッチで行えるように切り替え器を設置する事にします。 

INDEXに戻る